24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ 2011年1月2日~7年目
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

30

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

ホオジロ
シトドの話 その2

先月25日に、鵐、 巫鳥、一青、神鳥がいずれもホオジロの古語のシトドに由来することを書きました。続きです。

仙台の七北田川のハクチョウを観察しておられるDuck4さんが、これまで何回か東北地方にある白鳥神社のことを書かれました。横浜青葉区の青葉台に神鳥前川神社があり、シトドマエカワ神社と読むようです。この神社、1187年に建立された当時は白鳥前川神社だったようです。白鳥が神鳥となり、シトド前川神社と呼ばれるようになったようです。白鳥が神鳥に転じることでシラトリがカンドリと呼ばれるようになりホオジロの仲間を現すシトドとも呼ばれるようになったのだと思います。ここから10km程度、一度行ってみようと思います。

昨年台湾の基隆近郊の九份に案内していただいた際に、ここに所縁の一青窈さんの話になりました。ずっと台湾の由来だと思っていたのですが、「一青」は石川県鹿島郡中能登町一青に由来する姓だそうです。姓名学辞典の受け売りですが、アオジが群れていた土地をシトドと呼ぶようになり一青に転訛したとありました。



_3250500.jpg




_3250537.jpg




_3250493.jpg




_3250572.jpg




_3250518.jpg

和名: 頬白
英名: Meadow Bunting
学名: Emberiza cioides

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: ホオジロさん!
Duck4さん、こんばんは

とするとこの話は1500年ほど前から延々と続く話なんですね。大変興味深いです。伝説など分かりましたらまた教えてください。

Re: ホオジロ
ハロゲンさん、」こんばんは

シトドは古い言葉なんですね。アメリカのホオジロの仲間に**シトドという名前が付けられているのが面白いと思います。今日は体調不良で休みました。明日から全開で鳥見します。
ホオジロさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

ヤマトタケルノミコの関係で神鳥前川神社があるようですね!
白鳥とヤマトタケルノミコの伝説は、こちらにもあります!
そのため、白鳥を神とした神社があるのでしょうね!

こちらでも、ホオジロさんを見かけました!v-519v-521
ホオジロ
Gabachoさん、こんばんは

偶然ですが、私も今日はホオジロです。
神鳥前川神社のHP拝見しました。
シトドに関する由来、奥が深いですね。

Leave a Comment