25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ 2011年1月2日~7年目
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

10

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

シラコバト
道路わきの電線に止まっていたシラコバト。

_A060251.jpg

台湾名: 灰班鳩
和名: シラコバト(白子鳩)
英名: Eurasian Collared Dove
学名: Streptopelia decaocto



Ed. @ 23:00 November 10, 2016

埼玉県の県鳥に指定されているようです。シラコバトの分布は、朝鮮半島から中国、インド、中東を経て欧州域に広がり、アメリカにも広がっているようです。

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: シラコバトさん!
Duckさん、こんばんは

はい、錯覚という表現が一番わかりやすいですね。とても同じ色の鳥には見えないですよね。でもこれが我々の「認識」する色なんだと思います。
シラコバトさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

白だと目立ちますよね!

昔、心理学の錯覚かなんかで出てきたのを思い出しました!
錯覚!?v-519v-521
Re: シラコバト
ハロゲンさん、こんばんは

> 台湾にはシラコバトが普通に生息しているのでしょうか。
http://www.xeno-canto.org/species/Streptopelia-decaocto
分布を見ていますと、アジアからヨーロッパ、アメリカまでとかなり広いようです。

> 2枚目は、横線の色によって、鳥の図が違ったいるに見えるということですか?
普通に言う錯覚ですね、同じ色の鳥を違う色の鳥かごに入れると、鳥の色が違って見えるという面白い現象ですね。適当に作ってみました。
シラコバト
Gabachoさん、こんばんは

台湾にはシラコバトが普通に生息しているのでしょうか。
埼玉の県鳥ですが、数が少なくなっています。
2枚目は、横線の色によって、鳥の図が違ったいるに見えるということですか?

Leave a Comment