24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

17

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

キビタキ
Edit @ 21:40 17th December 2016 Super ”Imachi-Duki"



IMGP7153C_20161117213721f0f.jpg



一八夜の月を「居待ち月」と呼ぶのは、満月を過ぎると月の出が遅くなり、家に居て待たなければならないからだそうです。今日は午後8時を過ぎてやっと上ってきた居待ち月を、二階の部屋から写しました。 
これから月の出はさらに遅くなり、明日の一九夜の月には寝て待つ「寝待ち月」という面白い別名があるそうです。二十三夜の月の出は真夜中になります。「月を待つ」という日本独特の感性が反映された月の呼び名だと思います。
少し話が跳びますが、乳牛のホルスタインの出産は満月が近づくと増える、という統計的に有意な結果が報告され、新聞でも取り上げられていました。気になって月齢計算サイトで自分の誕生日を調べてみました。3.1の三日月だったようです。




ハンノキに蛾の幼虫が湧いていて、虫を食べる鳥たちを集めていたようです。

     _A290759.jpg




  _A290793.jpg




        _A290851.jpg




     _A291002.jpg




        _A290925.jpg
         一番色の濃いオスでしたが、一瞬でした。
和名: 黄鶲
英名: Narcissus Flycatcher 
学名: Ficedula narcissina
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: キビタキさん!
Duckさん、こんばんは

> キビタキさん!とても黄色が鮮やかですね!
> この木にはたくさんの蛾の幼虫がいて、鳥さんたちが集まってきたんですね!
> そこキビタキさんも来たんですね!v-519v-521

この辺りには何本かのハンノキがありまして、たくさんのワームが発生していました。エゾビタキやジョウビタキ、ツツドリなどもワームを食べにやってきて、しばらくの間はバーダーさんたちも集まってにぎやかでした。
Re: キビタキ
ハロゲンさん、こんばんは

> キビタキのオス、すごくきれいな色が出ていますね。
> 最近まで見られたとは羨ましいです。

水仙の黄色が英語名の由来になっている鳥で、この黄色は独特できれいだと思います。ただ雄でも黄色の深みはずいぶん個体差があり、幼鳥と成鳥ではずいぶん違うようです。
キビタキさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

キビタキさん!とても黄色が鮮やかですね!
この木にはたくさんの蛾の幼虫がいて、鳥さんたちが集まってきたんですね!
そこキビタキさんも来たんですね!v-519v-521
キビタキ
Gabachoさん、こんばんは

キビタキのオス、すごくきれいな色が出ていますね。
最近まで見られたとは羨ましいです。

Leave a Comment