24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

05

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

タマシギ
上からメス、オス、ペアです。

_8110135.jpg




_8110260.jpg





_8110170.jpg

和名: 珠鷸
英名: Greater painted snipe
学名: Rostratula benghalensis


もうずいぶん前ですが、正月前の冬の田んぼでタマシギを見かけたことがあります。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: MFのタマシギ、減っています
パッサーさん、こんばんは

>
> タマシギさんの越冬場所、お水があるのでしょうか。
> MFは繁殖だけです。

ほんの一部ですが、休耕田が水田んぼになっています。本当に狭いところです。それでもそこでは確実にタマシギが繁殖します。水田んぼは貴重ですね。
Re: タマシギさん!
Duckさん、こんばんは

>
> オスが白いアイリングがあるのでしょうか?
> 目の周りが白い方が、なぜか目が大きく見えてしまいますね!
> 不思議ですね!
> 何かのトリックのようにも見えました!v-519v-521

オスメスともにアイリングから過眼線として伸びる白い筋があります。メスのほうが白さが目立ちくっきりしていて、オスのほうは目立たないですね。この白い帯の後ろの方が勾玉のように見えることがタマシギの名前の由来だと思います。
MFのタマシギ、減っています
昨年も少なかったですが、今年も少ないです。
タマシギの繁殖する農耕地も少なくなりました。
雛が可愛いのですが、今季見たいものです。

タマシギさんの越冬場所、お水があるのでしょうか。
MFは繁殖だけです。
タマシギさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

オスが白いアイリングがあるのでしょうか?
目の周りが白い方が、なぜか目が大きく見えてしまいますね!
不思議ですね!
何かのトリックのようにも見えました!v-519v-521
Re: タマシギ
ハロゲンさん、こんばんは

> タマシギ、こんな草むらにいたら見つけるのが至難のようですね。
> 一妻多夫だけにメスの方が派手ですね。

いつも草むらにいて、鳴き声だけ聞こえるといった感じですね。姿を見るのはそう容易ではないです。見れるときは見れる見れないときは見れない、幸運を待つしかないです。
タマシギ
Gabachoさん、こんばんは

タマシギ、こんな草むらにいたら見つけるのが至難のようですね。
一妻多夫だけにメスの方が派手ですね。

Leave a Comment