24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ 2011年1月2日~7年目
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

21

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

コガラ
水場で。

_5081997.jpg




_5081821.jpg




_5081776.jpg




_5220924.jpg

和名: 小雀
英名: Willow tit
学名: Parus montanus

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: コガラ
> ハロゲンさん、こんばんは

こちらも午後から晴れて、なんだか拍子抜けでした。雨が少ない梅雨ですね。こんな年に限って梅雨の末期に大雨が降ったりしますので、気が抜けないですね。最近自然災害の恐ろしさを実感します。熊本の大雨、地盤が緩んでいますので、大変だと思います・
Re: コガラさん!
>Duckさん、こんばんは

コガラはその名前のとおり小さなカラ類の小鳥です。こちらですと、富士山や丹沢のあたりの少し標高の高い疎林でよく見かけます。小鳥たちは羽に脂分をそうたくさん溜めているわけではなく、日本古来の雨具の蓑のような感じではないかと思います。

以下寺田虎彦の随筆からの引用です。
余談ではあるが、先日田舎いなかで農夫の着ている簔みのを見て、その機構の巧妙と性能の優秀なことに今さらに感心した。これも元はシナあたりから伝来したものかもしれないが、日本の風土に適合したために土着したものであろう。空気の流通がよくてしかも雨やあらしの侵入を防ぐという点では、バーベリーのレーンコートよりもずっとすぐれているのではないかという気がする。あれも天然の設計に成る鳥獣の羽毛の機構を学んで得たインジェニュイティーであろうと想像される。それが今日ではほとんど博物館的存在になってしまった。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2510_13846.html
コガラ
Gabachoさん、こんばんは
鳥の名前を知らなかったころはコガラとヒガラの区別が難しかったことを思い出しました。
今日は、予想に反し案外良い天気でした。
コガラさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

コガラさんって、小さな鳥さんなんでしょうね!
確か、図鑑でスズメさんよりも小さいということを読んだことがありました!

コガラさんもそうなんでしょうが、水浴び後ぶるぶる羽を震わせた後、意外と水滴飛びますよね!それも水鳥までとは言いますが、お尻からの油をお手入れのときに塗っているからなんでしょうね!とふと思いました!v-519v-521

Leave a Comment