20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

24

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

ベニマシコ
2月中旬の里山です。

_2070463.jpg




_2070682.jpg




    _2070829.jpg




          _2070924.jpg




_2070967.jpg

和名: 紅猿子
英名: Long-tailed Rosefinch
学名: Uragus sibiricus
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: すっきりとした背景ですね
> パッサーさん、おはようございます。

ツーショットは、狙いすました一枚ではなく、山のように撮ったうちのたまたまの一枚です(笑)。このツーショット、メスにフォーカスしていまして、オスは少しぼけています。私はいつも絞り開放で撮りますので被写界深度が極端に浅くなります。これも泣き所です。

寒い朝です。


すっきりとした背景ですね
ベニマシコさん、グシャグシャの場所でよく見ます。
Gabachoさんの写真、背景がすっきりしていて良いですね。
そのうえ雄と雌のツ-ショット、撮れそうで撮れないと思います。
Re: ベニマシコ
> ハロゲンさん、こんばんは

例年に比べるとベニマシコとルリビタキは本当に多かったですね。里山に出かけるたびにどちらかに会うことができるような状態が続きました。ルリビタキはなわばりを持っていますが、ベニマシコはあちこちの谷戸を、といっても3か所くらいですが、渡り歩きます。当たるといいのですが、何時間待ってもだめな時もありました。
Re: ベニマシコさん!
> Duckさん、

はい、オスとメスですね。つがいになってきたようですね。これから繁殖期に入るともっと赤くなります。残念ながらこの辺りでは繁殖しません。北海道あたりだと5月ごろの真っ赤なベニマシコを見ることができます。
ベニマシコ
Gabachoさん、逆光の中でオスとメスのツーショットが撮れていいですね。
今季は、ルリビ同様ベニマシコにもよく出会います。
今日は、北風が強く寒い一日でした。
ベニマシコさん!
Gabachoさんへ

こんにちは!

ベニマシコさん!
とても紅色の仔とそうでない仔がいますね!
オスとメスの違いなんでしょうか?

昨年ですが、蕪栗沼に行ったときに、笹薮の中にいた
ベニマシコさんを思い出しました!
紅色なので、すぐ、ベニマシコさんだとわかりました!v-519v-521

Leave a Comment