19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

05

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

カワセミ
オス、精悍ですね。

_1020378.jpg




_1020619.jpg




_1020292.jpg




_1020548.jpg




_1020598.jpg

和名: 翡翠、翡翆、魚狗、川蟬
英名: King Fisher 
学名: Alcedo atthis

昨日のツグミの最後の写真、食べている黒い実はアオツヅラフジのようです。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: カワセミの羽の色は光で変わりますね
> パッサーさん、おはようございます。

鳥の色は光の中でさまざまに変わるところが面白いですね。確かにカメラのCCDの性能や色特性にも左右されます。それでもそのカメラなりに微妙な変化はつかめると思います。

私はたまにトリミングしますが、色補正等はしないようにしています。何が何でもといった強いこだわりではないのですが、撮れたて、撮れたままでいいかなと思います。
カワセミの羽の色は光で変わりますね
緑も綺麗だけど、青も綺麗ですね。
カワセミが見られると、確かにラッキーと思います。
いつ見ても魅了されますね。
Re: カワセミさん!
> Duckさん、こんばんは、

この池の主です。きれいなオスで、一番上の写真の枝から飛び込むことが多いです。

私は最近は毎朝地下鉄の駅まで小さな川沿いを歩くことにしています。街中の川なのですが、2日に1回の割合くらいでカワセミに会えます。会えた日には何かいいことがありそうな気がしますね。
Re: カワセミ
> ハロゲンさん、こんばんは

先日、知り合いが、柔らかい素材の中に玉虫色のきれいな構造色を作り、そこにストレスがかかると変形して構造色の色が変わることでストレスを検知するようなフィルムを見せてくれました。目に見えないサイズの球をきれいに並べてる来る構造色で、アワビやオパールの構造色と同じ原理です。もうこんなところまで来ているのですね。色素を使わず色を出し、色を変える、こんなことができるんですね。

私は明日は仕事になりそうです。ハロゲンさん、良い鳥見を。
カワセミさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

確かに、鮮やかな色をしたオスのカワセミさんですね!
精悍そうな顔つきと言うことなので、結構、強い仔でここを縄張りにしているのでしょうか?そんなこと写真を見て思いました!

こちらでは、カワセミさんを見かけないので、どこか違うところに移動しているようですが、見られると何かラッキーな気持ちになりますよね!v-519v-521
カワセミ
Gabachoさん、1枚目と2枚目はカワセミの羽の色がかなり違って見えますね。
これが構造色の特徴でしょうか、周囲の光の質の違いが反映されているのですね。
よい週末を!、そしてよい鳥見をなさって下さい。

Leave a Comment