19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

03

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

ソリハシセイタカシギ
今日の3枚も友人より。

IMG_0609T.jpg




IMG_0625T.jpg

和名: 反嘴丈高鴫
英名: Pied Avocet
学名: Recurvirostra avosetta

ソリハシセイタカシギの分布

これも沖縄です。



IMG_1155 (4)

つついているのはカマキリの卵のようですね。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: 昨年、三重県に来ていました
> パッサーさん、おはようございます。

ありがとうございます。
分布はユーラシアからアフリカにかけて広いようですが、日本には分布がないとされていますので、日本各地で観察されるのは迷鳥になるのでしょうか。手持ちの図鑑の一つには、冬鳥、または迷鳥とありました。

今日から暦の上では春、寒いですが、気持ちは春でいきましょう!
昨年、三重県に来ていました
四日市コンビナ-トの横の河口に来ていました。
わたしも見に行きましたが、セイタカシギとは雰囲気が違いが、
モノト-ンの美しい鳥だと思いました。

コゲラが卵のうをつついている姿、1回だけ見たことがあります。
クモの卵のうもほとんど鳥に食べられてしまうそうですね。
虫は鳥が天敵ですね。
Re: コゲラさん!
Duckさん、こんばんは

> 沖縄の湿地でしょうか?ソリハシセイタカシギさんがいるんですね!

はい、幸運だったとしか言いようがないのですが、たまたま見かけたようですね。

> コゲラさんもここはどこでしょうか?
> カマキリの巣を突っついて餌にしようとしているんですね!

カマキリの卵はふわふわのと小さくて硬いのとありますが、小さくて硬いカマキリの卵が大きな木の枝に産み付けられていて、それをつついて卵を食べているようですね。これは沖縄ではなくつくばです。私もよくこの時期にカマキリの卵を一生懸命につついているシジュウカラやコゲラを見かけます。
Re: ソリハシセイタカシギ
> ハロゲンさん、こんばんは

面白い反りですね。これを左右に振って餌を獲るのだそうです。セイタカシギとは雰囲気違いますが、同じように白っぽいきれいな鳥ですね。私はこのブログを始める前に一度見たことがありますが、その一回だけです。

今年の冬はなんだか不思議な感じがします。でも何やかや言いながら、もう暦の上では春ですね。
コゲラさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

沖縄の湿地でしょうか?ソリハシセイタカシギさんがいるんですね!

コゲラさんもここはどこでしょうか?
カマキリの巣を突っついて餌にしようとしているんですね!
随分と派手に突っついていますね!v-519v-521
ソリハシセイタカシギ
Gabachoさん、ソリハシセイタカシギ、まだ出会ったことがありません。
普通のセイタカシギとは雰囲気が違うように見えます。
今日は節分、暖冬ではなく普通の寒さになっていますね。

Leave a Comment