27
28
29
30
  06 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ 2011年1月2日~7年目
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

30

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

オジロビタキ
放射冷却で冷え込んだ早朝の散歩で。

朝日が石を温め始めると、温まった石の周りで小さな虫(Fly)が飛び始めます。石に集まる虫を食べにやってきたのはオジロビタキ。白い点が小さな虫です。

NNG_2317T.jpg




NNG_2294T.jpg




NNG_2307.jpg




NNG_2284.jpg




NNG_2239.jpg

和名: 西尾白鶲
英名: Red-breasted Flycatcher
学名: Ficedula parva

亜種オジロビタキ(Taiga Flycatcher)ではなくニシオジロビタキ幼鳥だと思います。一番下の1枚は、胸のあたりの色がよく分かるのでアップしてみました。

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: オジロビタキさん!
> Duckさん、こんばんは

はい、英名のとおり、素晴らしい小回りのとびの能力を持つフライキャッチャーですね。次々に捕えて食べていました。石に太陽光があたると遠赤外線が出ると聞いたことがあります。暖かいのだと思います。虫が集まって飛んでいました。

こちらは雪は避けられました。明日は鳥見ができそうです。
オジロビタキさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

確かに、オジロビタキさんの周りに虫さんが飛んでいますね!
これを食べようとしていたのでしょうか?

こちらでは、今朝、10センチほどの積雪で、小さな鳥さんたちが草原で餌探しをしていましたが、特に目立っていました!v-519v-521
Re: ニシオジロビタ木
> ハロゲンさん、こんばんは

最初はコサメビタキがいた!と思って撮っていました(笑)。私はこの個体で4羽目のオジロビタキですが、まだ首の黄色いオスの成鳥を見たことがありません。教えていただいたとおり、確かにオスは見かけないですね。ありがとうございました。

こちらも気温が下がりましたが、雪にならずにほっとしています。明日は鳥見ができるといいのですが。
ニシオジロビタ木
Gabachoさん、ニシオジロビタキを撮られたのですね。
小柄で可愛い鳥さんですね。
実は私は埼玉で2013年12月に撮影したこのがありました。
http://naturenikki.blog.fc2.com/blog-category-215.html
このときも幼鳥のようでした。
昨夜は雪は積もらず幸いでした。

Leave a Comment