27
28
29
30
  06 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ 2011年1月2日~7年目
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

06

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

アンナハチドリ
これまでアップしてきた写真はすべてノートリです。コンデジでしたが、最後はマクロモードでくつろぐ姿を撮影できました。幸運でした。

P1160997.jpg




     P1160996.jpg




                 P1170004.jpg




P1160917.jpg




           P1170025.jpg

和名: アンナハチドリ
英名: Anna's Hummingbird
学名: Calypte anna

ハチドリについて、補足;
スカシバ、ススメガ、ホウジャクと言った蛾は大きさと採餌行動がハチドリによく似ていると思います。口を噤んで鼻歌を歌うとき、それをハミングと言いますが、この鼻歌はHumです。もともとは虫が飛ぶとき発するブーンという音のことで、これがHumming Birdの語源です。
今日帰ってきてからずっと図鑑を眺めていました。これらの蛾とハチドリ、どちらも羽(虫は翅)が小さく先がとがっていますね。高速のホバリングを可能にする形で、高度なエンジニアリングだと思います。

長い間留守番をしてもらいました。今日でアンナハチドリ終わります。

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: アンナハチドリさん!
>Duckさん、こんばんは、

ハチドリは虫に見えてしまいます。ホバリングしながらミスを吸う姿はスズメガそっくりです。

光の加減で見た目が大きく変わる、大変特異な構造色だと思います。不思議ですね。
アンナハチドリさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

アンナハチドリさん!光の加減で紫に見えたり、茶に見えたりするんどえしょうか?
小さな鳥さんなので探すのも大変だったのでしょうね!v-519v-521
Re: アンナハチドリさん、きれいな色になりますね
> パッサーさん、こんばんは、
玉虫のような構造色とは明らかに違いますね。面白い発色だと思います。機会があればまた鳥の構造色の専門家に聞いておきます。

寒い一日でした。久しぶりに里山に出かける時間が取れました。
Re: アンナハチドリ
> ハロゲンさん、こんばんは、
飛んでいる時間のほとんどはホバリングしています。ホバリングに向いた昆虫のような羽になっているのではないかと思います。とがった小さな羽です。
長い間手抜きアップをpしました。失礼しました。

いつもご訪問いただきましてありがとうございます。
アンナハチドリさん、きれいな色になりますね
構造色ですね。
理屈はなんとなくわかるのですが、実際は腹に落ちない不思議な現象です。

マクロで撮れるほど、近くにいたのですね。
アンナハチドリさん、Gabachoさんにお疲れ様!のサ-ビスですね。
アンナハチドリ
Gabachoさん、お疲れ様です。
こうやってみると体の大きさにの割に羽の大きさが小さく感じます。
今日は、北風が冷たい日でした。

Leave a Comment