20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

13

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

トウネン
三番瀬です。

NNG_1060.jpg




NNG_1064.jpg




NNG_1068.jpg




NNG_0809.jpg

和名: 当年
英名: red-necked stint
学名: Calidris ruficollis

こんな小さな鳥が、ベーリング海峡の周辺で繁殖し、オーストラリアやニュージーランドまでわたっていきます。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: 空が高くなりました
> C. Cherryさん、こんばんは

シギチドリやカモメの仲間は識別がむつかしい、だから敬遠するというバーダーさんもおられますが、いろいろ調べならがら鳥たちの生態などが少しずつ分かっていくのは楽しめるプロセスでもあると思います。

今日は時々小雨、ずいぶん歩いたのですがコサメビタキやコサメビタキには逢えませんでした。ヤマガラとカワセミだけでした。
空が高くなりました
Gabachoさん、こんばんは。

気づいたらすっかり秋の渡りの季節ですね。私にはシギチを見分けるのは野鳥図鑑と首っ引きでも、とても難しいです。換羽途中でしたらお手上げです。
Re: トウネンさん!
> Duckさん、こんばんは、

多分、星は使っていないと思います。私のアメリカの知り合いは生物時計の研究者です。だから鳥のことをよく知っているんですよ。遺伝子の中に組み込まれてるんでしょうね。スズメよりほんのわずかに大きいくらいの鳥なんですが、すごい能力ですよね。
Re: トウネン
> ハロゲンさん、こんばんは、
夏羽から冬羽に換わるこの時期、ミユビシギとトウネンは本当に紛らわしくてよく分からなくなりますよね。私もおっかなびっくりなんですが、これ、トウネンでいいですよね。不安になってきました(笑)。
トウネンさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

こんなに小さな体のトウネンさんが北半球から南半球まで旅をするとは、
すごい飛翔能力ですね!

磁場で渡りのルートを知るのでしょうか?
それとも、地形とか記憶しているのでしょうか?
星の位置でわかるのでしょうか?

無謀にも何も考えないで渡りをするとは考えられませんよね!v-519v-521
トウネン
Gabachoさん、お疲れ様です。
シギの仲間では最小の可愛い鳥さんですね。
私はミユビシギと間違えてしまうことがあります。

Leave a Comment