27
28
29
30
  06 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ 2011年1月2日~7年目
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

08

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

アオバト
8月8日、立秋です。

一息入れたところで、今日と明日はデジスコで撮影したアオバトです。肩が赤いのがオスです。

_7200262.jpg




_7200302.jpg




_7200366.jpg




_7200389.jpg




_7200394.jpg

和名: 緑鳩
英名: White-bellied green-pigeon
学名: Treron sieboldii

今回は早朝で、たまたま満潮でした。

例年、干潮の時にはこの狭い岩場に釣り人が入ります。釣り人がいると、アオバトは水を飲まずに帰ってしまうこともあります。オキアミで塩水も汚れます。

ここは神奈川県の天然記念物に指定されているアオバト集団飛来地です。貴重な自然だと思います。アオバトが丹沢山系から塩水を飲みにやってくる夏の間だけでも、この岩場への立ち入りを制限したほうがいいと思います。一昨年来大磯町役場にメールで意見を届けているのですが、何も変わりません。

たとえば長野県の天竜村では小学校まで含めた村ぐるみで、南の国からわたってくるブッポウソウを大事に迎えています。その甲斐もあって、毎年たくさんのブッポウソウが天竜村で子育てをしています。村役場の屋上でも営巣しています。子供たちが描いた注意喚起のポスターも目につきます。村の大事な宝物だとの思いが伝わってきます。子供たちも良い経験をしていると思います。

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: アオバトさん保護には!
> Duckさん、こんばんは、
ここにはアオバトをずっと見守ってこられた「こまたん」の皆さんがおられます。大磯の町がこまたんの皆さんと一緒にこの天然記念物を守っていくという気になるといいと思います。釣りはどこでもできるのですが、アオバトがやってくるのは本当に狭いこの一角だけなんですよね。
Re: アオバト
> ハロゲンさん、こんばんは、
自分で持っている宝物って、自分で気づかないこと、よくあるんじゃないかと思います。何が大磯町の、神流川県の宝物なのか、このアオバトもその一つだと、町役場が気付き、町全体で守っていく取り組みが展開したらいいと思います。

今日は幾分過ごしやすかったのですが、まだまだ暑いです。
アオバトさん保護には!
Gabachoさんへ

こんばんは!

アオバトさんは、キレイなハトさんですよね!
あの色合いがとても好きです!

それから、Gabachoさん!
アオバトさんについて意見を町にメールしたんですね!
それは、良いことだと思います。

でも、どうしても、釣人の方が優先され、アオバトさんが貴重な存在であることを、
町がまだ認識していないのでしょうか。

釣を規制すれば、今度は、釣人から文句がくるし、町もかかわりたくないのでしょうね!
個人よりももっと力がある日本野鳥の会さんあたりのその現状を伝えて、話すことで、任本中の鳥好きのヒトがバックアップなるので、力強い援軍になると思いました。

あの葛西臨海公園にオリンピックキ競技場ならなかったのも、日本野鳥の会の力があったからだなんでしょうね!v-519v-521
アオバト
Gabachoさん、お疲れ様です。
こうやってアップで撮って頂けると、その美しさがよく分かります。
おっしゃる通り、照ヶ崎にアオバトが飛来する期間、人の立ち入りを禁止すべきと思います。何のための天然記念物なんでしょうね。

Leave a Comment