21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

13

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

イソヒヨドリ
ヒヨドリと名前がついていますが、ツグミの仲間です。

IMGP1275TRM.jpg




IMGP1276.jpg

和名: 磯鵯  
英名: Blue Rock Thrush 
学名: Monticola solitarius


P1140767.jpg

@ 三浦半島
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: 思いがけない場所で
>Wagtailさん、こんばんは、

諏訪ですか。イソヒヨドリがいるんですね。そんな話をうかがいますと、イソヒヨドリに対して懐いていたイメージがいかに事実に即さないものだったか、大いに反省です。

もう信州の森は夏の小鳥たちのきれいな鳴き声に満ちているのではないでしょうか。良い週末をお過ごしください。
Re: 岩場など瓦礫が好きなようですね
パッサーさん、こんばんは、

磯でなきゃいけないという鳥ではないようですね。私が見かけたところも海岸から10kmほど内陸、田んぼの水路のわきでした。この時期メスはほとんど見かけないのですが、たぶん抱卵しているのではないかと思います。コメントありがとうございmす。
思いがけない場所で
わたしも4月中旬、諏訪のとある旅館の屋根で
羽を休めているイソヒヨドリを見掛けました。
「こんな内陸でも…」と、驚いたものです。
残念ながらカメラ無しでした。
岩場など瓦礫が好きなようですね
わたしも内陸で数回見ています。
丘陵地のコンクリ-トの建物で繁殖していました。
GWにも名古屋市内のレンガ造りの工場で見ました。
さえずりも聞いて得した気分になりました。
Re: イソヒヨドリさん!
> Duckさん、こんばんは

はい、何か大きなワームのようなものを咥えてきました。餌を運んでいますので、子育てしているのだと思います。風が吹き付ける岩場の崖の、岩の隙間に入っていきます。そんなところに巣があるんですね。
Re: イソヒヨドリ
> ハロゲンさん、こんばんは、
そうですよね、私も海岸からずいぶん離れた田んぼの中の水路などで見かけたことがあります。鳴き声、特に今の時期きれいです。オスの成鳥の羽も今ちょうどきれいな時ですね。
イソヒヨドリさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

イソヒヨドリさん!羽の瑠璃色とお腹の茶色の対比が美しいですよね!
何か、餌でもくわえているようですね!

昨日のコメントの中に、足に、熱交換できる仕組みがあり、
冷たい水の中でもハクチョウさんたちはいられるという話を読んだことがありました!
Gabachoさんがおしゃった片足立ち!
納得しました!v-519v-521
イソヒヨドリ
Gabachoさん、お疲れ様です。
イソヒヨドリは主に海岸で見られる鳥さんですが、時に埼玉の内陸でも見られることがあります。
いい声で鳴きますね。

Leave a Comment