21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

25

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

アカハラ
例年関東南部のこのあたりではオオアカハラが多いのですが、今冬はアカハラをよく見かけます。

P1250323.jpg




P1250343.jpg

良く見かけるといっても、シロハラほど多くはないです。

和名: 赤腹
英名: Brown-headed thrush
学名: Turdus chrysolaus
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: アカハラさん!
> Duckさん、こんばんは、

動植物の進化は環境への適応の淘汰だとしたら、やはり枯葉の環境で生き残れる保護色の方がいいのかもしれませんね。この里山にやってくるヤマシギなど見ていてそう思います。

一方、ルリビタキなどはきれいな青と黄色、白と派手になっていきます。雌を獲得するためだけに構造色を纏っていくのですが、これもこれですごいことだと思います。


Re: アカハラ
> ハロゲンさん、こんばんは、

こちらではたまに顔を見せてくれるのですが、そうですね、例年よりは少ないような気もします。不思議なのは、今冬はオオアカハラをあまり見かけません。

さっきほろ酔いで帰ってきたのですが、おぼろ月夜なんでしょうか、黄砂なんでしょうか、月がかすんでいました。春が近づいてきた感じがします。
アカハラさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

アカハラさん!
お腹の黄土色がとても鮮やかですね!
これだと土の色とも変わりなく、身を隠すことも容易なんでしょうね!
特に、秋から冬に掛けては、枯れ草の色とマッチしそうです!

多くの鳥さんたちの色は、自分たちの身を守るのに適した、
進化をしているようですね!v-519v-521
アカハラ
Gabachoさん、お疲れ様です。
綺麗なアカハラですね。
私は昨年秋に見て以来、まったく出会っていません。
どうしたのと思うくらい見かけません。

Leave a Comment