20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

08

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

ルリビタキ
近くの公園で見かけたルリビタキ、雌だと思います。

PC270170.jpg




PC280169.jpg




PC280172.jpg

1枚目と2、3枚目の撮影日は違いますが、見かけたのは同じところでした。同じ個体だと思います。ノートリです。

和名: 瑠璃鶲
英名: Red-flanked bluetail
学名: Tarsiger cyanurus

ルリビタキの分布
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: 似た傾向
> Wagtailさん、おはようございます。

コメントありがとうごじます。返信が遅くなりました。

じっとしていると小首を傾けて近寄ってきます。デジスコでは近すぎると撮れないという事が起きてしまうのですが、ギリギリでした。

横浜は快晴の朝です。いい鳥見日和になりそうです。
似た傾向
わたしの散歩道でも、ヒタキの仲間は、
ひと冬ほとんど同じような場所に姿を見せるように思います。
それにしてもこれだけに撮影できるということは、
数メートルというかなりの近距離でしょうね。
Re: 大きくて面白いです
> パッサーさん、こんばんは

冬になると里山にルリビタキを探しに行くのが日課になります。独特の鳴き声に耳をそばだてながら、歩いています(笑)。

最近は寒い日が続きましたので、ルリビタキやジョウビタキ、特にメスは、羽を膨らませて寒さを凌いでいるようです。ヒタキ類は可愛いですよね。

明日をやり過ごせば3連休、楽しみですね。
大きくて面白いです
ルリビタキさんは、いつも同じ場所に現れますね。
30分待っても現れず、声も聞こえないと心配になります。

3枚ともマルマルになって可愛いですが、1枚目は超アップで羽のフワフワ感がいっそう伝わります。デジスコならではです。
やはり可愛いいルリビタキさんはアップに耐えられますね。
Re: ルリビタキ
> ハロゲンさん、こんばんは

私の写真は図鑑写真だと言われますが、どうも性格的にフレームからはみ出しても構わないくらいの写真を撮ってしまいます。要するにデジスコやボーグが好きで、大きく撮るのが好きなんです。花鳥風月写真の域には当面到達できそうにないです(笑)。
Re: ルリビタキさん!
> Duckさん、こんばんは、
ルリビタキは、オスはオスで、メスはメスで、それぞれ縄張りを持っているようです。30分~2時間くらいの周期で縄張りをパトロールしながら餌を食べる、それが私がルリビタキに対して持っているイメージです。オスは3年以上にならないと綺麗な青色が出ません。なかなか会えないんですよ。この青も構造色です。山階研の知り合いもルリビの色の研究をしています。奥の深い世界ですね。
ルリビタキ
Gabachoさん、お疲れ様です。
1枚目、とても近くて毛の1本1本が見えるようです。
愛想が良いルリ子ちゃんですね。
ルリビタキさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

同じ場所で、ルリビタキさんを見かけたのですね!
ということは、ここを縄張りにしていること大ですね!

duck4の定点観測ポイントでも、よく同じところで出会う鳥さんがいます!
そのときには、この鳥さんもここを縄張りにしているのだなあ!
と思って見ています!v-519v-521

Leave a Comment