21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

20

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

マナヅル
今日と明日はマナヅルをアップします。銀白色の羽が美しいツルです。マナヅルはその約5割の3000羽ほどがここ出水で越冬するそうです。

GAB_4579TMD.jpg




GAB_4592TMD.jpg




GAB_4689TMD.jpg




GAB_4749.jpg




GAB_4835TMD.jpg

和名: 真鶴、真名鶴
英名: White-necked crane (White-neped crane)
学名: Grus vipio

鹿児島
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: マナヅルさん!
> Duckさん、こんばんは、

ツルが出水にとってどんな資産なのか、大事な視点だと思います。活用してどんな価値をここにもたらすのか、どんな町興し、街づくりができるのか、観光という経済的価値だけではなく、もっと視野を広げるといろいろありそうな気がします。長い目で見た取り組みが進むといいですね。
Re: マナヅル
> ハロゲンさん、こんばんは、

軽トラックで麦などの餌をあげているんですよ。ここには観光で生きておられる方もおられます。ここにツルを引き留めることを目的にした餌やりにならないようにしないと、分散が進まないですよね。この密度はやはりリスクが大きすぎると思います。
マナヅルさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

目の周りが赤いマナヅルさんですね!
体もちょっと灰色の、タンチョウさんとはまた違ったイメージを受けるツルさんですね!

それにしても、何千キロも旅をしてくるのですごいです!

出水の人がおしゃっていましたが、不景気で工場も閉鎖されて、
活気がないとのことでした。

ツルさんのモニュメントが街のいたるところにありますが、
どうツルとヒトが共存を図っていくのかが試されているようでもありますね!v-519v-521
マナヅル
Gabachoさん、お疲れ様です。
ナベヅルとは大分趣きが異なりますね。
4枚目、奥に沢山群れているのが分かります。
ナベヅルとマナヅルが沢山飛来する出水市は、餌の調達が大変でしょうね。

Leave a Comment