20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

18

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

ナベヅル
わずかな時間でしたが、ツルを見てきました。

GAB_4541.jpg




GAB_4542.jpg




GAB_4543.jpg




GAB_4544.jpg




GAB_4545.jpg




GAB_4546_2014120613462070c.jpg

最初に見かけたのはナベヅルの家族でした。まだ頭部が少し茶色い真ん中2羽が幼鳥で、右端先頭がオス、最後がメスだと思います。
うまく風を受けて、助走なしで優雅に舞い上がっていきます。はっぴぃえんどの「風をあつめて」がうかんできました。

和名: 鍋鶴
英名: Hooded crane
学名: Grus monacha

鹿児島



Ed @ 21:40
今日も寒い一日でした。寒風が吹き荒れましたが、青空が広がりました。

DSC_1304.jpg
                          平塚のあたりから見た富士山



GAB_6024_20141218214149987.jpg
                           鎌倉
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: ナベツルさん!
>Duckさん、こんばんは
出水平野です。ここでは1万数千羽のツルが越冬します。以前から分散して高病原性鳥インフルエンザによる感染リスクを低減しようという試みが続けられています。でも、たとえばこのナベヅルですと、世界中の生息数の約9割がこの出水に飛来しています。分散は気球の課題だと思います。環境省も方針を出してはいるのですが、田んぼに水を張るとかデコイを置くとか、いろいろ実際に進めないと何も状況が変わらないような気がします。
Re: ナベヅル
> ハロゲンさん、こんばんは、
最初に書くべきでしたね、すいません。これ鹿児島の出水なんです。出張の途中でいろいろとありまして、急に予定を変更して行きました。

基本的にはツルも家族単位だと思いますが、特にナベヅルは大きな群れになったりします。これもハクチョウとよく似ていますね。ただ、飛び立つ姿は、水の上をすさまじい勢いで走って飛び上るハクチョウとはずいぶん違うようでした。
ナベツルさん!
Gabachoさんへ

こんばんは!

ナベツルさんの親子でしょうか!
頭の茶色の子供たちもいますね!
家族で一緒にいるのでしょうね!

ここは、出水でしょうか!?
今頃、出水にはたくさんのツルさんたちが越冬しているのでしょうね!
でも、鳥インフルエンザの影響がちょっと心配です!v-519v-521
ナベヅル
Gabachoさん、今晩は
ナベヅルは九州の出水市が有名ですが沖縄にも渡るのですね。
ハクチョウは家族一緒で行動しますが、ナベヅルも同じなんですね。

Leave a Comment