24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

20

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

庚申塔
今日は久しぶりに庚申塔をアップします。

GAB_9886.jpg




          GAB_9895_convert_20140907171600.jpg

三浦半島南端の小さな集落の小路に置かれていた庚申塔です。庚申塔には見ざる、言わざる、聞かざるの三猿と青面(しょうめん)金剛が彫られるのが一般的です。一段高く置かれた真ん中の庚申塔がその典型です。一番右手のように、「青面金剛」と文字を入れた庚申塔、はじめて見ました。


GAB_9832_20140907172011d81.jpg




GAB_9817.jpg

関連記事

テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: 昔は盛んに説明会があったのでしょうね
> パッサーさん、ずいぶん前にこの庚申塔についてコメントをいただきました。失礼しました。

私が住んでいるところは江戸時代の地図で鎌倉郡と久良岐郡の境目のあたりにあたります。この辺りは庚申塔がいたるところにあります。その形も様々で、青面金剛が煩悩を意味する3猿を抑えているもの、道祖神と一緒になったようなもの等々、実にさまざまです。散歩で見かけるうちにだんだん興味を持つようになり、ずいぶん写真も撮りました。庚申信仰はもともと中国から伝わったものですが、道祖神のような日本の文化と融合しているところが面白いと思います。といっても、そんなに詳しいわけではなく、ただ面白いと思って撮っているだけなんです。
昔は盛んに説明会があったのでしょうね
よく庚申塔・庚申塚と聞きますが、実際に生活の場で見たことがありません。
あったとしても気がつかず過ぎていると思います。
仲間と集まって勉強したのですね。
サークル活動の様な存在だったのでしょうか?

Leave a Comment