19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

15

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

シロハラウミワシ
シロハラウミワシは頭部から腹部が白い羽で覆われます。この個体は頭がまだグレーの幼鳥ではないかと思います。

IMG_4264.jpg

和名: 白腹海鷲
英名; White-billed Sea Eagle
学名: Haliaeetus leucogaster




最後に、名前のわからなかった黄色い鳥です。

IMG_4979.jpg

コウライウグイスの若い個体だと思うのですが、確証がもてません。

Photo by C. Cherry in Singapore

多分、
和名: 高麗鶯
英名: Black-naped oriole
学名: Oriolus chinensis

長い間お付き合いいただきありがとうございました。今日で、端境期特別手抜き企画「シンガポールの野鳥シリーズ」を終わります。貴重なコメント、ありがとうございました。最後に少しだけフォローアップしておきます。

* タイヨウチョウはアフリカからインド、東南アジアにかけてたくさんの種や亜種が棲息しているようです。タイヨウチョウモドキやニセタイヨウチョウと名付けられたものまでいるようです。構造色の羽の美しさや体の小ささ、花卉の蜜を吸う生態など、ハチドリとよく似ています。どこまで厳密にそう言っていいのかわからないところもありますが、「タイヨウチョウは旧世界、ハチドリは新世界と棲み分けている」、という表現を何度か目にしました。

* 8月6日にアップしましたズアカミユビアカゲラ(Dinopium javanense)ですが、アジアには似たようなキツツキが何種類かいるようでして、その亜種まで含めると見かけの変化も大きいようです。ひょっとしたら、和名のコガネゲラ、学名Chrysocolaptes guttacristatusかもしれません。コガネゲラはGreater FlamebackとかGreater Goldenbackと呼ばれているようです。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: シロハラウミワシ
>ハロゲンさん、こんばんは、

同僚が言うには、シンガポールの植物園に行ったら、野鳥がたくさんいた
そうです。

昨年でしたか、ナショジオで、サウジアラビアあたりでコウライウグイスを
大量に捕獲して食料としているという特集がありました。もう少し小さければ
こういったこともないと思います。オリオール、和名に似合わず結構大きな鳥
ですよね。
Re: シロハラウミワシさん!
> Duckさん、こんばんは、

スキッとした、細身の精悍なワシだと思います。

今週はひとつだけいい出会いがありました。ミサゴが戻ってきまして、
霞ケ浦で魚を捕って食べていました。早朝の鳥見で見かけた光景です。
ミサゴの頭も白いです。
シロハラウミワシ
Gabachoさん、お疲れ様です。
シロハラウミワシ、愛知県のとべ動物園にいるそうで、そこの個体はとてもビビリやすいそうです。
黄色い鳥さん、結構大きそうですがコウライウグイスは26cmもあるのですね。
シロハラウミワシさん!
Gabachoさんへ

おはようございます!

シロハラウミワシさんは、インド、東南アジア、オーストラリアの沿岸部に生息しているワシさんなんですね!ウミヘビやお魚さんを食べるワシさんなんですね!

日本とは、違うマレー半島周辺の鳥さんたちに驚かせられます!v-519v-521

Leave a Comment