24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

19

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

ハゴロモガラス
沼や池のほとりにいるハゴロモガラス。 和名の「カラス」は英名のBlackbirdからつけた名前だと思いますが、ヨーロッパのBlackbirdとは違って、ハゴロモガラスはスズメ目ムクドリモドキ科の鳥です。

P1110548.jpg




P1110509.jpg




P1110806.jpg




P1110865_201406071337521e4.jpg




P1110908.jpg

ムクドリより少し小さいくらいの鳥です。台湾で見たオウチュウを思い出しました。ちょうど繁殖期で群れてはいなかったのですが、小育てが終わると大きな群れになります。

和名: 羽衣烏
英名: Red-bellied blackbird
学名: Agelaius phoeniceus

分布
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: ハゴロモガラス
>ハロゲンさん、こんばんは、
私はこのハゴロモガラスの群れを見たことがあります。季節は秋だったと
思います。そうですか、臆病な鳥なんですね。
肩の赤いアクセントは大変目立ちます。これがあると無いでは、この鳥の
印象は大きく変わると思います。
メスは見ることができなかったのですが、私の記憶が正しければ、メスは
少し茶色い羽の色をしていて、地味です。オスだけしか見ることができな
かったのは、めすが抱卵していたのではないかと思います。
ハゴロモガラス
Gabachoさん、お疲れ様です。
ハゴロモガラス、肩に赤とオレンジのアクセントがあり、とても目立ちますね。
Wikiには、謎の大量死と題し次のような説明がありました。
最初に見た人は不気味だったでしょうね。
『2010年12月31日夜、アメリカ南部アーカンソー州ピービで数千羽が死んでいるのが見つかった。米メディアではアルフレッド・ヒッチコックの『鳥』さながらだと報じている。死んだ鳥の胸には内出血の跡があり、複雑骨折していた。原因は新年を迎える為にあげられた花火に驚き、鳥たちがお互いに衝突死した模様』
Re: ハゴロモガラス
> Duckさん、こんにちは、

午前中はいい天気でしたが、午後は崩れそうで、夜は荒れ
そうな気配です。

ハゴロモガラスはスズメより少し大きく、ムクドリより少
し小さいくらいの鳥です。湿地にいることが多いです。

メスは少し茶色っぽいのですが、この時はたまたまメスを
見かけませんでした。抱卵中だったのではないかと思いま
す。
ハゴロモガラス
Gabachoさんへ

おはようございます!

ハゴロモガラスさんの飾り羽がとても特徴がありますね。
まるで、カササギさんのようですね。
でも、カササギさんの仲間ではないのですね!

葦にもとまることができるということは、
結構、小さい、ハゴロモカラスさんなんでしょうか!?

和名の羽衣烏という名前もなるほどという付け方をしています!v-519v-521

Leave a Comment