20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

31

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

カナダガン
公園で見かけたカナダガン(シジュウカラガン)。

P1110861.jpg




P1110475.jpg




P1110480.jpg




P1110541.jpg




P1110555.jpg

今ではどこでも見かけますが、映画"Goose"が象徴するように、このカナダガンは一度絶滅の危機に瀕したことがあります。

和名: 加奈陀雁(四十雀雁)
英名: Canada Goose
学名: Branta canadensis
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: 喉の白い帯がオシャレです
>パッサーさん、おはようございます。

この辺りではよくオオタカを見かけましたし、キツネも
見かけました。天敵は決して少なくないと思います。ヒ
ナを連れていたツガイですが、ヒナは1羽だけでした。
自然は決してやさしく心地いいだけではなく、厳しい現
実もあるのだろうと思います。そうやって育つ貴重な命、
まぶしく見えました。
喉の白い帯がオシャレです
喉の白い帯がバランス良くきれいなガンですね。

雛がいますね。
マルマルのフワフワでとても可愛いです。
公園でガンが営巣できるとは、素晴らしい環境です。
絶滅の危機から得た結果の公園でしょうか。
自然は自然のままが生物にとって大事なんですね。
Re: カナダガン
> ハロゲンさん、こんにちは

全くの偶然だったのですが、私は丹沢湖で数羽のシジュウカラガンを
見たことがあります。時どき飛来するようですね。

人間の身勝手が招いた危機だったようです。映画Fly Away Home (Goose)
でも、カナダガンが生息する小さな沼を開発の波が押しつぶす場面が
あり、そこから話が展開していきました。

佐渡のトキ、豊岡のコウノトリ、、、、絶滅に瀕するのは簡単でも、回
復には大変な努力が必要ですね。忘れてはならない大事な教訓だと思い
ます。

Re: カナダガンさん!
Duckさん、こんにちは、

素晴らしい天気、真夏日になりました。こんないい天気の日に
自宅にこもって仕事してます。

Fly away homeは、母を亡くした少女(Anna Paquin)が沼の開発か
ら救い出した卵を孵化させ、親のいないカナダガンのヒナたちに
飛ぶことを教え、越冬地に導くというstoryでしたね。

環境省は先週、全国の湖沼が生み出す経済価値を試算して公表し
ました。湖沼を経済的指標からの価値を評価した点で画期的だっ
たと思います。ただ、政策に落とし込むには、ではどうやってそ
の価値を守っていくのかというところまで掘り下げる必要がある
と思います。難しいことですが、少しずつでも進むといいですね。
カナダガン
Gabachoさん、お疲れ様です。
カナダガン、まだ出会ったことはありませんが、宮城県伊豆沼などに少数がマガンの群れに混じって来るそうですね。
Wikiを見たところ次の記述がありました。
「かつては北米の繁殖地へのキツネの人為的増殖により壊滅的打撃をうけ、個体数が激減した。その後、人工繁殖等やキツネ駆逐等の継続的な種の保存努力により、今日の羽数が回復した。絶滅危惧種の人為的回復の事例のひとつとされる。」
復活させるのは容易ではなかったでしょうね。
カナダガンさん!
Gabachoさんへ

おはようございます!

カナダガンさんは一度絶滅に瀕したことがあるのですね。
たくさん棲息している鳥さんが、あっという間に絶滅の危機に瀕することは、
あっても不思議でないことですね。

最近では、自然の餌場も減り、一箇所に越冬地が集中するので、
いつ、突然、絶滅するかわかりませんね。

それを、カナダガンさんたちは、警告として教えてくれたのでしょうね!v-519v-521

Leave a Comment