24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

13

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 10  Trackback: 0

カササギ
この辺りのカササギは尾がわずかに緑色に見える。もう少し北のスカンジナビアのカササギは尾の緑色が目立つ。韓国や中国で見かけるカササギは深い紺色でもう少し細長い感じがする。

P1090603.jpg




P1090706.jpg




P1090711.jpg




P1090851.jpg




P1100274.jpg

コンデジで撮影@Brussels

和名: 鵲
英名; European Magpie
学名: Pica pica

カササギ分布(亜種)

カササギ分布、九州のカササギは移殖。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: タイトルなし
>pukupukubirdさん、こんばんは、
韓国出身の同僚にも聞いてみたのですが、確かに韓国ではそう言うそ
うですね。七夕伝説のように、カササギはめでたい鳥なんですね。
コメントありがとうございます。
おはようございます
韓国で一番目にする鳥がカササギです。
韓国人はカササギを見ると一日幸せにすごせるという話があります。

ですから私はほぼ毎日幸せです (ホントかな?)
Re: タイトルなし
> チャーリーさん、おはようございます。
ずいぶんあちこちに広がっているようですね。雑食で環境への順応性も
高いのだと思います。街中や人の生活圏に近いところを利用して生きて
いる逞しい鳥、そんな感じがします。そのうち普通にみられる鳥になる
かもしれませんね。

Re: 尾が確かに緑色です
> パッサーさん、おはようございます。

「顔がカラス」、そのとおりだと思います。もう一つよく似ていると思うのは、
歩き方です。ゆっくりのときは与太った様に歩き、急ぎの時は両足をそろえて
ジャンプしながら進んでいきます。

4月も半ば、トップシーズンが近づいてきますね。
こんばんは!!

カラスの仲間ですが、以外にも可愛い顔をしていると思います。
こちらでも移植でしょうが、見られるところが有りますよ・・・!(*^_^*)
尾が確かに緑色です
カササギ、未見ですがスタイルの良いカラスさんですね。
でも顔がハシボソガラスで納得しました。
Re: カササギ
> ハロゲンさん、こんばんは、

アジアでは「七夕伝説」に必ず出てくる鳥で大事にされていますが、ヨーロッパでは
そうでもないようです。所変わればなんとやらですね。

あちこちで定着しているようですね。賢い鳥だと思います。雑食で環境への順応性も
高いのかもしれませんね。
Re: カササギさん!
> Duckさん、こんばんは、
日本でもカササギがあちこちで増えているようですね。私は、もうずいぶん前ですが、
佐賀平野で木の電柱の上に営巣するカササギを見たのが最初でした。
韓国ソウルの汝矣島(ヨイド)にもたくさんのカササギがいますが、日本で繁殖して
いるのは韓国から連れてこられたカササギではないかと思います。韓国ではカササギ
のことをその鳴き声に因んで「カチ」と呼びます。文禄・慶長の役の頃には日本人、
特に侍の耳に心地のいいこの「カチ」が連れてこられたそうです。
カササギ
Gabachoさん、お疲れ様です。
私は、数年前筑紫野市で見たのが初見で、その時は鳥の知識がなくて何て変わったカラスがいるのだろうと思っていました。
最近は北海道にも生息しているとのこと、分布を広げているのですね。

カササギさん!
Gabachoさんへ

おはようございます!

スカンジナビアで見るカササギさんの尾っぽ色は緑なんですね。
デンマークのカササギさんを注視して見てみます。

そして、その地域、地域で違うとは、驚きです。

ユーラシア大陸では、よく見るカササギさん。
テレビで、モンゴルの極寒の大平原でも棲息していたのには驚きです。

それだけ、たくましいのでしょうね!

日本の佐賀や苫小牧にいると言われているカササギさんの尻尾はどのような色は、やはり、韓国のカササギさんと同じ色をしているのでしょうね!v-519v-521

Leave a Comment