22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

05

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

ミソサザイ
サンシュユが咲いている公園でみかけたミソサザイ。

P1090993.jpg




P1100204.jpg




P1100234.jpg




P1100608.jpg

ミソサザイの体重はスズメの半分にも満たない。そんな小さな鳥が、驚くほど大きな声で鳴く。尾を上げて鳴く仕草もいい。一番上の個体と、2枚目3枚目の個体は同じ公園で見かけた。4枚目の個体は別の公園で。(コンデジで撮影@Brussels)

和名: 鷦鷯
英名: Eurasian Wren
学名: Troglodytes troglodytes

ミソサザイはユーラシア大陸のヨーロッパと極東に分布する。手許の図鑑には、北アメリカ大陸の東部と西部に分布するミソサザイも同種だとある。とすると、この小さな鳥は北半球全域に分していることになる。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: 見れると嬉しい鳥さんです
> パッサーさん、おはようございます。
この辺りでは丹沢あたりの小さな支流の住人という感じなのですが、
広く北半球全般に分布しているんですね。本当に小気味の良いパン
チの効いた鳥ですよね。
少し肌寒い朝です。週末二日目、よい鳥見を!!
見れると嬉しい鳥さんです
小さい体であんなに大きな声でさえずって、全身全霊でさえずっていますね。
お味噌色した小さな鳥さんなのに分布は広いので以外に逞しいのでしょうか。

尾を立て震えてさえずる姿に感動します。
一生懸命で健気なんです。

Re: ミソサザイ
> ハロゲンさん、こんばんは、
こちらでもミソサザイは丹沢や富士山の周りの清流で見かけることが多い
です。大きさはずいぶん違いますが、カワガラスに近い鳥だという事、な
るほどと思います。
寒くなってきました。埼玉雪が降りそうですね。風邪などひかれませんよ
うに。
ミソサザイ
Gabachoさん、お疲れ様です。
ミソサザイ、3月中旬の日光遠征でお目にかかれました。
身体は小さくても、大きな口を開けて大きな声で鳴くのですぐ分かります。
世界的に広く生息しているのですね。
Re: タイトルなし
> チャーリーさん、こんばんは、
時々行くビオトープの水路の小さな橋の下に、ミソサザイが営巣しているよう
です。この橋は水面からの高さが50cm程、長さ2mほどの小さな散策コースに
ある橋なのですが、この上を通るたくさんの散策のみなさんは気づいていない
ようです。さっと出てきて、すこし離れたところで鳴きはじめます。賢い鳥だ
と思います。
こんばんは!!

尻尾を垂直に上げて、小さな体ながら大きな声で囀る姿は何とも言えなく可愛いと
思います・・・!!

意外と人を恐れずに近くで見れる鳥さんですよね!!(^_-)-☆
Re: ミソササイさん!
> Duckさん、こんにちは、

天気はあまり良くないのですが、今日は花見客でどこもいっぱいです。雨が降
ってきそうで、鳥見も早々に引き揚げてきました。

この時期、小さなミソサザイが大きく口を開けて、ビェ~ッと声を振り絞って
鳴きます。私はこの姿を見るといつもCyndi Lauperを思い出します。


ミソササイさん!
Gabachoさんへ

おはようございます!

スズメさんよりも軽いミソササイさん。
10グラムの鳥さんとはすごく小さくて軽い鳥さんですね。

小さな鳥さんのバードウオッチングは、
鳴き声などでどんな鳥さんだとか識別する能力が必要なんでしょうね!

それと、ベルギーは濃霧が発生しやすいところだったのですね。
これで納得しました!v-519v-521

Leave a Comment