24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

11

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

Memorandum 3.11, Gamou Tideland

3.11の備忘録・蒲生干潟
*3年目の3.11、今日は3.11の備忘録・蒲生干潟です。状況をよく知らない海外の友人たちのために補足を付けました。

蒲生干潟は、仙台市の北部を流れる七北田川の河口に広がっている湿地です。3.11大震災に伴う津波で大きな被害を受けました。依然深刻な状況で、土嚢が積まれた応急処置のまま放置されています。倒れた松もそのままです。大震災から3年がたちましたが、まだここまで手が回らないのだろうと思います。
ただ、干潟には、ウ、カモメ、カモたちが戻ってきはじめていました。民家の跡は草原になっていましたが、キジやツグミなど、もうそろそろ繁殖期に入る鳥たちをたくさん見かけました。
撮影は2月末です。いつも七北田川のレポートを書いておられるDuck4さんにお礼を申し上げます。3月5日にDuck4さんが蒲生干潟をレポートされています。

The Great East Japan Earthquake occurred on the afternoon of 11th March, 2011. The intence rolling that happened in sequence brought about significant damage in east Japan area. As of March 2014, 15884 people died and 2636 people are missing. Still many people are are forced to live as refugee due to Tsunami and Fukushima nuclear disaster.

The river Nanakitada-Gawa flows through the northern part of Sendai city Miyagi Prefecture, and it flows into the Pacific Ocean. There was tideland Gamou-Higata in the river mouth. The tideland suffered crushing damage by a massive tsunami. The muddy tide stream washed people, houses, pine tree forest,,, everything around the tideland.

GAB_9878.jpg




GAB_9888_20140308082339934.jpg




GAB_9884_20140308082338ff2.jpg



Cormorant, gull, mallard, swan, ,, waterfowl returned to the tideland thought the serious situation still remaining there.

GAB_9881.jpg




GAB_9815.jpg




The place where there was a village still remains grassy plain. There, pheasant, kestrel, dusky thrush,,, are greeting the breeding season.

GAB_9832.jpg




GAB_9874_201403080910379cb.jpg




GAB_9907.jpg

End of February.
Photo by Gaba, he thanks Mr. Duck4 for his daily report on his home field Nanakitada-River.

関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: 蒲生干潟を紹介していただきありがとうございます!
> Duckさん、こんにちは
返信が遅くなりました。
Duckさんのブログを知らなかったら蒲生干潟に行くこともなかったと思います。
行って良かったです。ありがとうございました。

ずいぶん前になるのですが、私はこの近くに何回か来たことがあります。その
あたりも被害を受けたこと、TVで知りました。その当時は鳥の写真は撮ってい
ませんでしたので、この干潟を知ることもなかったのですが、福田町のあたり
から白鳥が田んぼに群れ、七北田には「滞在組さん」たちがいて、河口の蒲生
干潟があり、本当にいいところだと思いました。

自然は戻ってくるのですが、人の生活がまだ何も戻っていない現実に驚きまし
た。近くで作業をしておられたご年配の方が話しかけてこられて、しばらく話
をうかがいました。ここに来ると今でも涙が流れる、、、と、重い言葉でした。

またいつか行こうと思います。滞在組さんたちにも会ってみたいですね。

Re: 胸が痛くなります
> ぱっさーさん、こんにちは、
返信が遅くなり申し訳ありません。

なにはさておいても、この震災からの復旧復興がこの国の最優先
課題だと思うのですが、そんなことやってる場合じゃないような
ことが急がれます。忘れっぽいんは日本人のいいところでもある
かもしれないのですが、、、。
Re: 蒲生干潟
> ハロゲンさん、こんにちは、
返信が遅くなり申し訳ありません。
Duckさんのブログでこの干潟を知り、いろいろなことが
わかってきまして、どうしても行きたいと思うようにな
りました。行ってみて、本当に良かったと思っています。
言葉では言い尽くせないほどいろいろなことを感じました。
蒲生干潟を紹介していただきありがとうございます!
Gabachoさんへ

おはようごいざます!
蒲生干潟を紹介していただきありがとうございます!

七北田川の河口付近でしょうね。
カモメさん、鵜さん、カモさんたちでしょうか。たくさんいますね。
震災前と比べても変わりない数まで回復しています。
この一部の鵜さんが七北田川のduck4の定点観測ポイントにまで現れます。

ツグミさんやキジさんもいますね。草原になり棲息しやすくなったのでしょうか。
そして、夏には、たくさんのツバメさんも震災後には飛びまわっていました。

しかし、シギさんたちは、減ってしまったとも思います。干潟に海水が入らず、貝がへったからでしょうか。震災前は、たくさんいました。

高砂神社は震災後再建されました。あと日本で2番目に低い山もなくなってしまいました。

今日のブログでは、Gabachoさんの記事を引用させてもらいつつ、
震災前の蒲生干潟の様子、写真を投稿してduck4ブログは書いてみました。

きっと、蒲生干潟はゆっくりと自然が回復していくのでしょうね!
Gabachoさんの写真のアングルと文章からそう感じたduck4であります!v-519v-521
胸が痛くなります
ニュースで見ている限りですが、復興はまだまだのようですね。
自然と共存できる復興、少しでも早くできることをお祈りします。
蒲生干潟
Gabachoさん、こんばんわ
蒲生干潟、3年経っても手付かずの状態が分かりました。
他もおして知るべきなのでしょうね。
逆に野鳥にとっては当分は楽園ですね。

Re: タイトルなし
> pukuopukubirdさん、こんにちは

因果は全く異なりますが、DMZが野鳥のサンクチュアリになっている事実と、
よく似通ったことですね。

昨年秋に宮崎に行ったとき、田んぼの中を流れる小さな川がありまして、土
手は竹で覆われ、護岸工事はされていませんでした。ヤマセミが飛んでいる
のをみて驚いたのですが、なるほどとも思いました。
こんにちは
荒れ放題の様子がよくわかりました。
でも皮肉なことに人間の手が入らないので野鳥には住みやすい環境なんですね
韓国の国境地帯も人間の活動が制限されているので野鳥の楽園になってます。
でも ここを公園にする計画があがっており私はとても心配してます
私がよく行ってた貯水池も公園化されてヒシクイは飛来しなくなってしまいました。

Leave a Comment