20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

03

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 8  Trackback: 0

Brown Creeper
生物学者の友人の大きな掌に包まれている鳥はBrown Creeper。凍りついた庭に落ちていたのを保護して、掌にくるんで温めて恢復、しばらくしてから庭に戻してあげたとのこと。

BrownCreeper.jpg

和名: アメリカキバシリ
英名: Brown Creeper
学名: Certhia americana


P1030303.jpg

アメリカ東海岸の今冬は寒く、この日はマイナス15℃だったとのこと。



Ed. at 21:30
今朝送っていただいた朝焼けと夕焼けの写真です。奥様の撮影。マイナス15℃だとほっぺたの感覚が無くなるそうです。


P1030359.jpg




P1030356.jpg



関連記事

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

Comments

Re: タイトルなし
> パッサーさん、こんばんは、
寒いそうです。感覚が無くなるそうです。昨年の夏は何度も嵐に見舞われ、
庭の巨木が倒れ、停電が長く続いたそうです。冬になったら寒波で、大変
な状況だと言ってました。

優しい人ですよ。昨年の正月元旦は我が家でおせちを堪能していきました
(笑)。
Re: アメリカキバシリ
> ハロゲンさん、こんばんは、

このお宅の庭にはシカやラクーンなど、いろいろな動物がやって来る
そうです。カーディナルが子育てをした写真をアップしましたが、そ
れもこの庭なんですよ。

アメリカキバシリはユーラシアのキバシリとは別種とされていますが、
分類のしかたは人によって違うんだそうですね。びっくりです。
Re: キバシリさん!
> Duckさん、こんばんは、

寒くて、ほっぺたの感覚が無くなってしまうようです。キバシリも木が凍りついて
餌が取れなくなってしまったのかもしれません。

掌でキバシリがくつろいでいます。優しい人なんですよ、本当に。
Re: タイトルなし
> チャーリーさん、こんばんは、

キバシリは寒さで弱っていたのではないかと思います。チョウゲンボウが窓に写った自分に攻撃を
仕掛けて、ぶつかっているようです。

アメリカキバシリは一度しか見たことがないのですが、日本のキバシリより細くて長いような気が
しました。ただの個体差かもしれません。おっしゃるとおり、よく似ていますね。
美しい樹氷ですがたまらない寒さですね。
少し前にニューヨークが氷点下で5分も外にいられないとニュースで放映されていました。

アメリカキバシリさん、優しい人に見つけてもらって良かったですね。
手のひらに乗っている顔、怯えていないようで可愛いです。
アメリカキバシリ
こんばんわ
手のひらで休んでいるアメリカキバシリ、Wikiには日本のキバシリとは別種とする説が有力とありますが、違いが分かりません(^_^;
鋭いクチバシで突っつかれたら痛そうですね。
キバシリさん!
Gabachoさんへ

おはようございます!

マイナス15度の世界では鳥さんたちも冬を越すのは大変なことなんですね。
キバシリさんもアメリカ人の友人の手のひらにのり、温かくなり、また外へと飛んでいったようですね。

キバシリさんも然り、鳥さんたちにとって、2月は大変な季節ですよね!v-519v-521
こんばんは!!

日本で見るキバシリさんとの違いが分かりませんね・・
窓にでも、ぶち当たったのでしょうか?
無事に放鳥出来たとの事で、嬉しいです・・(*^_^*)

Leave a Comment