10 ,2012

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

31

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ゴジュウカラ
大きなスズカケノキやトチノキの幹を、ゴジュウカラがせわしく動き回っていた。

P1170970.jpg




P1170976.jpg




P1170986.jpg




P1170991.jpg

コンデジで撮影@Stockholm

五十雀
Eurasian nuthatch、 Wood nuthatch
学名:Sitta europaea

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

30

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

セグロカモメ
潮の香は薄いが、港町だけあって、カモメが多い。ユリカモメは数が少ないが、セグロカモメはどこにでもいる。

P1180039.jpg




P1170870.jpg




P1170574.jpg




P1170560.jpg




P1170557.jpg




P1170555.jpg




P1180057.jpg




P1180053.jpg

成鳥になるまで4年かかり、夏と冬でも羽が異なる。

コンデジで撮影@Stockholm

背黒鴎
Herring Gull
学名:Larus argentatus

****************************************************************************************
明日から11月3日(土曜日)まで出かけます。ブログは自動更新されますので、お楽しみください。Gaba
****************************************************************************************

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

29

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

ズアオアトリ
ズアオアトリはチャフィンチとも呼ばれる。アトリと同じくらいの大きさで、鳴き声も似ている。

P1170626.jpg




P1170630.jpg




P1170631.jpg




         P1170810.jpg

歩いていると、目の前に出てきた。ほんの一瞬だった。もうすぐ南へ渡っていく。
今年の春先にも見た

コンデジで撮影@Stockholm

頭青花鶏
Chaffinch
学名:Fringilla coelebs

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

28

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ニシコクマルガラス
灰色の羽をもつニシコクマルガラスは小さいカラスで、手元の図鑑にはニシコクマルカラスの体長は33cmとあり、キジバトの体長も同じく33cmとなっている。遠目にはハトのように見える。ただ、ハトのような”豆鉄砲を食らった目”ではなく、眼光は鋭い。

P1180002.jpg




P1180004.jpg




P1180006.jpg




P1180013.jpg




P1180015.jpg




P1170565.jpg




P1170571.jpg

下の2枚は、幼鳥ではないかと思う。

Wikiによると、スカンジナビアにいるニシコクマルガラスは、C. monedula monedulaという亜種らしい。鳴き声はカササギに似ている。ここでは"KAJA"と呼ばれているようで、この名前はカササギに似たその鳴き声からきていると思う。因みに韓国ではカササギを「カチ」、九州では「カチガラス」と呼んでいる。

コンデジで撮影@Stockhilm

西黒丸鴉
Western Jackdaw
学名:Corvus monedula

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

27

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

カササギ
10月初旬から中旬、ちょうど紅葉の時期で、メリハリのあるカササギが、紅葉のなかでいっそう目立っていた。

P1170834.jpg




P1170823.jpg




P1170836.jpg




P1170842.jpg




P1170847.jpg




P1170850.jpg




P1170918.jpg




P1170955.jpg

この鳥も、ふつうにどこにでもいる。カササギはユーラシア大陸に広く分布、韓国や中国の田園地帯にも多い。韓国や中国のカササギに比べると、特に尾の色が緑っぽく見える。カササギのイラストを掲載しているスウェーデン語のHPでは、尾が緑色のカササギが描かれている。ここではSkataと呼ばれている。

コンデジで撮影@Stockholm


European Magpie
学名: Pica pica

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

26

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

クロウタドリ
Paul McCartneyのスリーフィンガーは、ギターの弦をなでるように軟らかい。ブラックバード、名曲だと思う。詩も温かい。

Paul McCartney - Blackbird (Live)

Studio Live

The Beatles - Blackbird


P1170683.jpg

オス、成鳥


P1170805.jpg

オス、幼鳥


P1170641.jpg

オス、幼鳥。水溜まりでノハラツグミとにらみ合っていた。


P1170648.jpg

メス


P1170746.jpg

幼鳥

歩いていると、ごくふつうにどこにでもいる。

元々そこにいたのかどうかはわからないが、以前ブログでアップしたように、中国の上海や南京のあたりでもクロウタドリをよく見かけた。(2012/01/05)

コンデジで撮影@ Stockholm

黒歌鳥
Blackbird
学名: Turdus merula

*****************************************************************************************
ニュートン最新号にレッドリストが掲載されている。
日本の野鳥の絶滅種は14種に上り、最近ではダイトウノスリが絶滅種に加えられた。
*****************************************************************************************

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

25

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

フクロウ
小さな船のマストに、フクロウが取り付けてある。

フクロウのデコイを販売しているサイトがある。フクロウのデコイを船のアンテナやマストに付けておくと、ほかの鳥が寄りつかなくなり、アンテナの損傷や糞害から船を守る事ができる、とある。

この辺りで猛禽と言えばワシやタカではなく、フクロウになる。それほどフクロウが多いということだろ。この辺りは大型のワシミミズクや、トラフズクの棲息域になっている。

もともと「デコイ」は鳥をおびき寄せる囮のはずのだが、ほかの鳥を遠ざける目的のこのようなフクロウの模型もデコイというのだろうか。

P1170723.jpg




          P1170724.jpg




P1170720.jpg




P1170721.jpg




P1170726.jpg




P1170727.jpg




   P1170729.jpg




P1170730.jpg

先週末10月20日の朝日新聞の天声人語がフクロウを取り上げていた。アイヌ語で村の守り神(コタンコルカムイ)と呼ばれるシマフクロウの国内生息数が百数十羽まで減少し、その保護のための生態調査にハイテクが使われているという内容だった。

コンデジで撮影 @ Stockholm

梟 (デコイ)
Fieldfare (decoy)
Strix uralensis

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真