03 ,2012

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

31

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ハイイロガン
大きい。単独だったり、番でいるが、群れてはいない。

20307PGD.jpg



20307PGD (7)



20307PGD (2)



20307PGD (3)



20307PGD (4)



20307PGD (5)



20307PGD (6)

ハイイロガンはヨーロッパ原産でガチョウの原種。産卵前なのか、メスは乳牛のように見える。

シジュウカラガンと一緒にいるところをよく見かけた。首から下の羽毛は、シジュウカラガンとよく似ている。

旅カメのコンデジで撮影

灰色雁
graylag
学名: Anser anser

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

30

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

コブハクチョウ
霞ヶ浦の蓮田で泥まみれで餌を探しているコブハクチョウとおなじコブハクチョウなのだが、背景が違うと何か優雅で、別の鳥に見える。

20307P20 (3)



20307P20.jpg



20307P20 (2)

オオバンまで、霞ヶ浦の蓮田のオオバンたちとは別物に見えてしまう。

コンデジで撮影@ドイツ

瘤白鳥
Mute Swan
学名:Cygnus olor

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

29

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ゴジュウカラ
腹部がかなり濃いオレンジ色のゴジュウガラ亜種で、町中の公園で頻繁に見かけた。虫を探し、木の実も蓄えている。繁殖期を控え、忙しそうに動き回っていた。

20307GD98



20307GD98  (2)



20307GD98  (3)



20307GD98  (4)



20307GD98  (5)



20307GD98  (6)

ここでは街中の公園で何羽もゴジュウカラを見かけた。ゴジュウガラに限らず、街中の公園の小鳥たちは、例外なく大きな木々の周りで見かけた。

コンデジで撮影

五十雀
European Nuthatch、Wood nuthatch
学名:Sitta europaea europaea

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

28

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

カケス、ミヤマカケス
大きな針葉樹の中にもぐりこんで、"Jay Jay"と鳴くだけで、なかなか出てきてくれなかった。こちらにも出てくるまで待つ時間の余裕がなかった。

2030689GD.jpg



2030689GD (4)

橿鳥、懸巣、鵥
Eurasian Jay
学名: Garrulus glandarius (japonicus)



2030689GD (3)

カケスがいた同じ公園で見かけたが、こちらは亜種のミヤマカケス。カケスはユーラシア大陸に広く分布し、30の亜種が存在する。なので、亜種を表す学名の最後の一語が正確かどうか自信がない。

ミヤマカケスは日本では北海道に留鳥として生息する。昨年の10月26、27日の両日にわたてアップしたのは、韓国ソウル市内の寺で撮影したミヤマカケスで、分布はカケスより少し高緯度にシフト。カケスに比べると少し小さく、茶色が濃く、徹夜明けのような目をしている。鳴き声はよく似ているが、カケスほど喧しくない。

深山橿鳥、深山懸巣、深山鵥
Eurasian Jay
学名: Garrulus glandarius brandtii 

旅カメのコンデジで撮影@ドイツ




Jay

ついでに、これは昨年1月にアップしたアオカケスで、このカケスはアメリカからカナダ南部、東半分に分布する。ブルージェイズの球団のシンボルは、もちろんこのBlue Jay。他に数種類のカケスがいるが、アメリカのカケスはすべて青灰色をしている。

青懸巣、青鵥
Blue Jay
学名: Cyanocitta cristata

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

27

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ホシムクドリ
ホシムクドリは良く見かけた。ただ、なかなかコンデジの距離に入ってきてくれなかった。

20308GD89.jpg



20308GD89 (2)



20308GD89 (3)

冬羽から夏羽に変わりつつある。一番下の個体などは、ほぼ夏羽になっている。夏羽は深い緑でメタリックな輝きをもつ。

Wikiに、ホシムクドリは、ヨーロッパ東部、スカンジナビア半島、ロシア西部からバイカル湖周辺までの広い地域で繁殖し、冬季は中央アジアやイラン、アラビア半島、アフリカの地中海沿岸の地域に渡り越冬する、とある。アメリカやオーストラリアで見かけるホシムクドリは外来種扱いだが、結構たくさんいる。

旅カメのコンデジで撮影

星椋鳥
Common Starling
学名:Sturnus vulgaris

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

26

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

インドガン
ヒマラヤを越え、冬は暖かいインドで、夏を涼しい中央アジアの平原で暮らす鳥、のはずだが、一羽だけ池にいた。

2385147GD.jpg

今日アップするインドガン、霞ヶ浦のオオヒシクイ、先日アップしたシジュウカラガン、数日後にアップ予定のハイイロガン、首から嘴にかけて模様や色合いは大きく異なるが、背中や腹部の羽はよく似ている。、

旅カメのコンデジで撮影

印度雁、
Bar-headed Goose
学名: Anser indicus

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

25

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ヨーロッパアオゲラ
公園の芝生の上を歩いているとき、急に目の前に降りてきた。固まったまま、息を殺して撮った。ありがとう!!

2396214GD.jpg



2396214GD (2)



2396214GD (3)

この1羽しか見かけなかった。頬の線が黒いので、この個体は雌だと思う。明るい芝生の上では目立つが、苔の生えた木の上に上がると、途端に見分けにくくなる。

日本の固有種のアオゲラのような腹部の模様はない。北海道からユーラシア全般に生息するヤマゲラに比べると、色のメリハリが効いていて、顔つきが濃い。

旅カメのコンデジで撮影

ヨーロッパアオゲラ
Eurasian Green Woodpecker
学名: Picus viridis

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真