FC2ブログ
  11 ,2011

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho


◆ 身近な野鳥の歳時記です
◆ 週末の探鳥散策の記録を
  予約投稿します
◆ フィールドは横浜市内に
  点在する里山
◆ 投稿は撮影から2週間以上
  遅れます
◆ お気軽にお楽しみください

(現在CV-19対応特別企画、「近所の散歩で見つけた虫たち」を続けています)

Archive (monthly)
Calendar
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

06

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

MF
雨の日曜になった。朝からPCに向かっている。

息抜きに、昨日デジスコで撮った写真を眺めていて、雑感をひとつ。

念願のデジスコを手に入れたのは昨年の5月だった。一年半近く使ってきて、スコープの光学系はすばらしいと思う。ただ少し不満に感じていたことは、コンデジの解像力だった。

最近デジスコのコンデジを換えた。ケラレが少なくなるように接眼レンズをもう一つ買った。繋ぎに手間取ったが、何とか撮れるようになってきた。(Kowa Prominar 774 + VA2 + Panasonic FZ150)

P1060054.jpg

いつもM池にいるアオサギ。池の対岸にいるところを狙う。ノートリ、画像加工なし。


P1060141.jpg

同じくM池の対岸のネムノキに飛んできたジョウビタキのメス。


P1060102.jpg

M池には現在二羽のカイツブリがいて、昨日は上と下の池に分かれて入っていた。飛んできたカラスを警戒している。


P1060086.jpg

上の池はここ二~三日の陽気でまたアオコが覆い始めた。その池の一番奥に筏がある。筏の上にキセキレイのメスがいた。遠い。これはトリミングしてある。


P1060065.jpg

カメラ側の光学系はX24倍までテレ側に引っ張れるが、シャープな絵を撮ろうとするならX7倍くらいまでに抑えた方が良いこともわかってきた。

デジスコで撮影@近くの里山公園、昨日


ところで、先週の祭日文化の日に、近くの里山公園で里山オールドボーイズの皆さんの野鳥写真展が行われていた。昨年はMF虹の家という立派な会場だったが、今年は古民家の庭で行われ、素朴で手作りの写真展でよかった。

P1060006.jpg

見覚えのある鳥たちが並ぶ。フクロウやサンコウチョウなど、珍客も多かったようだ。


P1060007.jpg

ウッドカーブの鳥たち。彩色も良く仕上げてあった。


P1060011.jpg



P1060042.jpg

コンデジで撮影@横浜、近くの里山公園。先週木曜日

日曜@12:05

テーマ : 写真日記    ジャンル : 写真

06

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

カササギ
中国にもカササギは多い。どこに行ってもこの鳥だけは見かける。高速道路わきのポプラの並木に、カササギの巣が並んでいる。

P1050192.jpg



P1050723.jpg

中国語ではこの鳥を喜鵲と書く。織姫と彦星の年に一度の七夕の出会いを、その羽根で「懸橋」をつくり助けたという伝説がある。名前や伝説のとおり、この鳥は幸せを運ぶ鳥として、中国では大事にされている。中国人にとって幸運とはお金持ちになることであり、わかりやすく合理的な思考をする。

ちなみに、韓国語では까치、ソウル特別市などはこの鳥を市の鳥として大事にしている。ところが英語のMagpieには「おしゃべり好き」、「泥棒」、「光り物好き」といった含みがあるようで、とりたててこの鳥が大事にされている様子はない。

日本では佐賀平野にたくさん棲みついて、佐賀県が天然記念物、県鳥に指定している。秀吉の朝鮮出兵の折に、九州の大名が持ち帰ったものとされている。韓国語の「カチ」が日本のカチガラスとして残っている。古来日本にこの鳥がいなかったことは、「魏志倭人伝」の「日本にはカササギがいない」という記述が裏付けている。(Wikiより)

コンデジで撮影@中国


Black-billed Magpie
学名: Pica pica


11月7日追記

百人一首

かささぎのわたせる橋におく霜のしろきをみれば夜ぞふけにける
天の川を眺めると、鵲(かささぎ)が翼を並べて渡すという橋に、あたかも霜が置いているかのように、星々が輝いている。その冴え冴えと白い光を見れば、夜もすっかり更けてしまったのだなあ。

大伴家持

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真