FC2ブログ
  11 ,2011

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho


◆ 身近な野鳥の歳時記です
◆ 週末の探鳥散策の記録を
  予約投稿します
◆ フィールドは横浜市内に
  点在する里山
◆ 投稿は撮影から2週間以上
  遅れます
◆ お気軽にお楽しみください

(現在CV-19対応特別企画、「近所の散歩で見つけた虫たち」を続けています)

Archive (monthly)
Calendar
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

05

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

シロガシラ
先週中国に行ってきた。5つの都市を廻る忙しい出張だったが、早朝の散歩や移動中に鳥見も楽しむことが出来た。今日アップするのは中国の南部で何度も見かけたシロガシラ。

シロガシラはスズメ目ヒヨドリ科の小鳥で、日本では西南諸島にしかいない。Wikiによると、八重山諸島(石垣島・西表島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島)に留鳥として生息する日本固有の亜種は、ヤエヤマシロガシラ (P. s. orii)と言う希少種で、なかなか見ることが出来ないそうだ。

P1050216.jpg



P1050167.jpg



P1050162.jpg



P1050178.jpg

中国、特に南部ではごく普通に見られる鳥で、中国名は頭の白いヒヨドリ:白頭鵯。中国でよく見られることは、その英語名(Chines Bulbul:中国ヒヨドリ)にも端的に反映されている。台湾でもよく見かける。ただ、台湾のシロガシラは台湾亜種でタイワンシロガシラ (P. s. formosae)というらしい。

中国語でも英語でもヒヨドリ(鵯:Bulbul)と言う名前がついているが、ヒヨドリのように甲高くもけたたましくもなく、落ち着いた澄んだ声で鳴く。鳴き方も多様で、いろいろなバリエーションで鳴く。体はヒヨドリより小さい。

ヒヨドリ科の鳥は、日本にはヒヨドリとシロガシラしかいない。鳴き声や高いところが好きなところはホオジロに、小枝の中を飛び回る姿はシジュウカラに似ている。

コンデジFZ150で撮影@中国

白頭
Chinese Bulbul
学名 Pycnonotus sinensis

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真