09 ,2011

里山の野鳥歳時記


About the Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

30

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

チュウサギ
稲の収穫はほとんど終わった。蓮根の収穫が始まっている。湖岸の堰堤の浦の干拓地は、これから鳥たちの恰好の餌場になり、ねぐらにもなる。チュウサギ、アマサギ、アオサギ、コサギなどがいる。

DSC_0035_convert_20110919130915.jpg


DSC_0041_convert_20110919130948.jpg


DSC_0094_convert_20110919131008.jpg

チュウサギの近くに、アオアシシギ(だと思う)の群がいた。


DSC_0108_convert_20110919131035.jpg


デジイチで撮影@霞ヶ浦


中鷺
Intermediate Egret
学名: Ardea intermedia


テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

29

Category: 富士山

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

富士山
2011年9月28日の富士山。彼岸の頃、自宅からダイヤモンド富士を見ることができる。

DSC_0017_convert_20110928181026.jpg

デジイチで撮影

P1010694_convert_20110928181041.jpg

コンデジで撮影

DSC_0062_convert_20110928181012.jpg

デジイチで撮影@横浜


次は2012年3月18日らしい。

テーマ : 写真日記    ジャンル : 写真

28

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

サギ
今年は台風が迷走してゲリラ豪雨が多発した。収穫期に入るころから堰の水が抜かれた。


IMG_1121_convert_20110918205222.jpg


IMG_1122_convert_20110918205205.jpg


IMG_1119_convert_20110918205241.jpg

干潟が河川敷に戻っていく。中州にはたくさんのサギが集まっていた。

Wiki:福岡堰


ちなみに、今月初めまでの堰の様子;

IMG_0109_convert_20110919204511.jpg

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

27

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アオサギ
早朝の霞ヶ浦に霧が出るようになってきた。薄く霧が出た朝、朝日が湖面と空をひとつにする。湖面の造形物が宙に舞うように見える。天空の城ラピュタの世界が広がる。

これは湖から砂をとる施設、小さい頃からこんな造形物に惹かれていた。今でもおもしろいと思う。

DSC_0076_convert_20110918204226.jpg


DSC_0079_convert_20110918204245.jpg


DSC_0088_convert_20110918204303.jpg

デジイチで撮影@霞ヶ浦

蒼鷺
Grey Heron
学名: Ardea cinerea


テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

26

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

カワセミ
連休最後の日曜日は薄雲が広がった。午後からKowa Prominar 774 + Panasonic LUMIX FZ-150のセットを担いで、フィールドを試してみた。場所は自宅近くの遊水池、ここには今年は3番子まで育てたカワセミ家族やハッカチョウ、サギなどがいる。

P1010339_convert_20110925165214.jpg

カメラ側24X倍で撮影、トリミングなし。カワセミは日陰。


P1010392_convert_20110925165246.jpg

カメラ側24X倍で撮影、トリミングなし。カワセミは日陰。


P1010399_convert_20110925165308.jpg

カメラ側15X倍で撮影、ケラレの部分を少しトリミングした。カワセミは日陰。


P1010507_convert_20110925165332.jpg

カメラ側24X倍で撮影、トリミングなし。カワセミは日当。


オリジナルの画像は4:3比の4.69 MB、これを0.025MB(25KB)程度まで縮小してブログにアップしてある。上3枚はカワセミが護岸したの日陰にとまっていたので、もう一つ彩度が足りない。ただ、たまたま明るいところにとまった4枚目は鮮やかな色が出ている。

正直なところ、カメラ側をX24倍のテレ側いっぱいまで引っ張ってここまで撮れるとは思っていなかった。


川蝉、翡翠、翡翆、魚狗
Common Kingfisher
学名: Alcedo atthis



ついでに、アオサギのテスト例を。

P1010459_convert_20110925204254.jpg

←アオサギ 矢印の先にアオサギがいる。写真では小さな白い点でしかない。


P1010462_convert_20110925204234.jpg

そのアオサギをデジスコで撮影するとこれくらいには撮れる。


P1010163_convert_20110925204332.jpg

FZ150をテレ側いっぱいで撮影。動いている頭は少し流れている。トリミングなし。


P1010296_convert_20110925204313.jpg

しばらくしたら、左側の○印のあたりに移動した。トリミングなし。

引き寄せ効果は大きい。

デジスコで撮影@横浜






テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

25

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アメリカオシ
彼岸の一日、ゆっくり過ごした。今日は家で鳥見をした。

9月22日発売のPanasonic FZ-150を当日購入した。今デジスコで使っているKowa Prominar TSN-774と組み合わせてみた。TSN-774の接眼部はフォト&ビデオアダプターTSN-VA3。

FZ-150本体のアダプター接合部位は60.8φという規格になっている。TSN-VA3と直接つなげないことはないが、微妙に合わないし、テレ側に引っ張るとFZ-150 のレンズがVA3にぶつかる。

そこでTSN-VA3用のアダプターリングKOWA TSN-AR52を使って、VA3とFZ-150のレンズを直接繋いだ。このつなぎではズームレンズでカメラ本体を支えていることになる。あまり勧められる繋ぎ方ではないが、手っ取り速くはある。

繋いだところで、居間の出窓にアメリカオシドリのデコイをおいて撮影してみた。距離はおおよそ10m。デコイの顔は少し逆光気味。シャッターはシャッターリモコンを使用した。

以下4000*3000Pixのオリジナルを600*450Pixまで落としてアップする。


X2_convert_20110924142236.jpg

FZ-150のW-TおおよそX2倍くらいのところで撮影。ここでケラレは出ない。3倍を超えると少しずつケラレが出る。


X5_convert_20110924142407.jpg

X5倍、普通はこれくらいがデジスコの限界になる。


X10_convert_20110924142441.jpg

X10倍


X15_convert_20110924142614.jpg

X15 倍


X20_convert_20110924142518.jpg

X20倍


X24_convert_20110924142328.jpg

X24 倍、光学テレいっぱいのところでまたケラレが消える。10m先の 4cm x 3 cm = 12 cm↑2の広さの解像度がこれで、焦点距離は10,000mmを超えているのではないかと思う。

なお、いろいろ教えていただいたTさんによると、フォト&ビデオアダプターTSN-VA2Bとの組み合わせだったらX10 倍くらいまでケラレがないとのこと。TSN-VA2BとTSN-VA3の視界は以下のとおりで、たしかにTSN-VA2が視界が狭い。

        倍率  実視界  見掛け視界
TSN-VA2   14×  1.9°   27.2°
TSN-VA3   14×  3.0°   42°


最近は霞ヶ浦での探鳥が多い。干拓地や葦原など、デジスコでさえ役に立たないくらい広い。このセットがどれほど通用するのか、フィールドで試してみたい。フィールドテストの結果はまた追ってアップする。


ところで、このデコイもいただきもの。

(45)_convert_20110924190724.jpg

写真を探し出した。2009年の秋、出張の時にアメリカオシのツガイを見た。換羽中で、まだあまりきれいではなかった。旅カメのコンデジで撮影したものをトリミングする。


亜米利加鴛鴦
Wood Duck
学名:Aix sponsa


テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

24

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

スズメ
スズメが騒がしく群れて、いくつもの群がネグラの葦原に帰ってくる。

DSC_0203_convert_20110917115846.jpg

ここにスズメが戻ってくることは、チュウヒも知っている。雀、Tree Sparrow、学名 Passer montanus


DSC_0138_convert_20110917115908.jpg

サギ類とカワウ。近くの水面には、夕方になると鵜・サギの「養殖場」のような光景が広がる。


DSC_0212_convert_20110917115927.jpg

ムクドリの群れも大きくなった。椋鳥、White-cheeked Starling  学名: Sturnus cineraceus


デジイチで撮影@霞ヶ浦

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真