06 ,2011

里山の野鳥歳時記


Author

Gabacho

Author:Gabacho
  
◆ 野鳥の歳時記へ、ようこそ!
◆ 週末の探鳥散策の記録です。
◆ Since 2011年1月2日
◆ すべて予約投稿です。
◆ 撮影から2週間以上遅れます。
◆ お気軽にお楽しみください。

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

30

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ツバメ
梅雨時期、ツバメをよく見かける。そろそろ電線に数珠つなぎになる。

DSC_0099_convert_20110625175629.jpg


DSC_0109_convert_20110625175611.jpg

猛暑の夕方、少し疲れたようにツバメが欠伸をした。

ツバメは東京ヤクルト・スワローズのシンボルの鳥として親しまれているが、前身の”国鉄・スワローズ”はもっと強そうな鳥の球団名をつけたかった。その名も”国鉄・コンドルズ”。しかし「国鉄・混んどるず」はまずいだろうというので、「国鉄・座ろーず」になったらしい。ただ、この話はもともと漫才のネタで、それがいつの間にか伝説化したとのこと。

デジイチで撮影@つくば近郊

4:00 am AUL

(燕:Hirundo rustica)
Barn Swallow

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

29

Category: 昆虫

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

スミナガシ
すさまじい速さで飛ぶ。羽ばたき音が聞こえるらしい。このチョウはその姿だけでなく、風流な名前も印象深い。

カルシウムのようなミネラルを補給しているのか、古い風化しはじめたコンクリートの構造物に2羽のスミナガシが繰り返しとまっていた。

DSC_0087_convert_20110626113804.jpg


DSC_0081_convert_20110626113837.jpg


タテハチョウ科のチョウで、アワブキやヤマビワという木の葉を食べて育つ幼虫も、大きな角をもつ奇抜な格好をしている。成虫は黒地に青緑色を帯びた独特の模様をもつ。日本人には、墨が流れた模様に見えた。漆黒の空間に青い星をちりばめたような宇宙を想像させるらしく、英語では小惑星Constableが名前に付いている。

生息地と生息数は限定的で、大阪府など、このスミナガシを絶滅危惧種に指定している自治体は多い。

デジイチで撮影@つくば近郊

1:00 am

(墨流し:Dichorragia nesimachus)
Asian constable butterfly


2012年1月11日; この記事の訂正をします。
このチョウの英語名Asian Constable Butterflyを、小惑星に由来する名前としたのですが、間違いなく間違ってます。確かに小惑星帯に8237 Constableという小惑星があります。 星座をConstellationと言いますが、constableには警官といった意味のほかに、星にまつわる意味はないようです。おそらく警察官の黒い服や<<<や***といった肩の紋章等と翅の色や模様が似ていることから、「アジアのお巡りさん蝶々」と名付けられたのだと思います。



テーマ : 昆虫の写真    ジャンル : 写真

28

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ホオジロ
梅雨の真っただ中だが、先週つくばは天候に恵まれた。真夏のような蒸し暑い日でも、夕方になると葭原や水面をわたる風は心地よかった。

夏至、なかなか傾かない日差しのなかで、ホオジロが気持ちよさそうに鳴いていた。

110622CMtTKB+(35)_convert_20110625174622.jpg


CIMG9385_convert_20110625174636.jpg


CIMG9435_convert_20110625174653.jpg


CIMG9445_convert_20110625174709.jpg


CIMG9454_convert_20110625174723.jpg

デジスコで撮影@つくば近郊、霞ヶ浦

2:45 am

DSC_0063_convert_20110630072426.jpg
夕闇が迫るころ杭の上で鳴くホオジロ。デジイチで撮影@霞ヶ浦。30日朝追加。


(頬白:Emberiza cioides)
Siberian Meadow Bunting

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

27

Category: 昆虫

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ゴマダラチョウ
ヤチョウを撮りに行って、チョウを撮ってきた。カバマダラやスズメバチと一緒に、クヌギの樹液を吸っていた。

CIMG9337_convert_20110619221214.jpg
デジスコで撮影

110619N+(21)_convert_20110626111413.jpg
デジイチで撮影



こちらは近縁のアカボシゴマダラ、昨年撮影したもの。
AKAHOSHIGOMADARA_convert_20110626094647.jpg


Goma33_convert_20110626103113.jpg


Goma18_convert_20110626111902.jpg


デジイチで撮影

ゴマダラチョウは魅惑的な美人を意味するSiren、アカボシマダラは魔法を使う妖婦Circe(ギリシャ神話のキルケ)と呼ばれている。

4:00 am AUL

(胡麻斑蝶:Hestina persimilis japonica)
Siren

(赤星胡麻斑蝶:Hestina assimilis)
Circe

* 北大がチョウフリーク必見の面白いイベントを企画している。
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/topics/press_release/110620_pr_museum.pdf




テーマ : 昆虫の写真    ジャンル : 写真

26

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オナガ
雨だと思って朝ゆっくり起きたら、きれいに晴れていた。急いで支度して、近くの里山に出かけた。

ここにも頭の黒い鳥がいる。鳴き声などコジュリンとはずいぶん対照的だが、この鳥の飛び姿だけは優雅だと思う。この鳥は黒い頭に黒い目をしており、目をきちんと写すことが難しい。今日は何枚か、目の表情が撮れていた。

DSAC-45_convert_20110625153217.jpg


DSC_0011_convert_20110625153312.jpg


DSC_0019_convert_20110625153259.jpg


DSC_0025_convert_20110625153246.jpg

先週たまたま青い色の話をしたとき、この鳥のことを引き合いに出した。Azureは薄い藍色(シアン)を表す。”青い翼のカササギ”、落ち着いた良い色の青だと思う。

デジイチで撮影@横浜市内、本日(土)

1:10 am

(尾長:Cyanopica cyana)
Azure-winged Magpie




テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真

26

Category: 昆虫

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ミドリシジミ
はっきりしない天気になった。午後1時を回ってから、近くの里山に出かけた。今日はミドリシジミを狙う。

DSC_0097_convert_20110626171428.jpg
草むらに潜んで休むミドリシジミ。左下にもう1頭いる。(1頭、2頭、、と数える)


DSC_0094_convert_20110626171411.jpg


DSC_0222_convert_20110626171534.jpg


DSC_0165_convert_20110626171520.jpg
以上3枚は、アカメガシワの花の蜜を吸うミドリシジミ。外見から雌雄の区別は難しいが、最後の写真のこのミドリシジミは、閉じた羽の間からわずかに緑の鱗粉が見えているのでオスだと思う。


DSC_0241_convert_20110626171546.jpg
鳥に襲われた傷のあるミドリシジミ。


DSC_0128_convert_20110626171440.jpg
羽が擦れて、ずいぶん鱗粉が落ちている。


DSC_0150_convert_20110626171454.jpg
その鱗粉が落ちたミドリシジミを蜘蛛が狙う。


DSC_0161_convert_20110626171507.jpg
蜜を吸っていたシジミチョウを突然アシナガバチが襲った。鳥、クモ、ハチ、、、天敵は多い。

この辺りの湿地のなかや小径沿いにはカバノキ科のハンノキが生えている。幼虫の餌になるこの木が、このミドリシジミを探すときのポイントになる。

夕方4時頃になり、ペアの卍飛びが見られるようになって、これからオスがきれいな羽を開く時間になってきた。ちょうどそのとき、暗い空から小糠のような雨が降り出した。神秘的な緑を見ることなく、退散してきた。

デジイチで撮影@横浜市内の里山公園

(緑小灰蝶:Neozephyrus japonicus)

17:55

7月1日追加:
やっと思い出した。「ホンチ」、下から2枚目のハエトリグモを、横浜や横須賀あたりではホンチと呼ぶ。ホンチ遊びというのがあって、ホンチ保存会もある。



テーマ : 昆虫の写真    ジャンル : 写真

25

Category: 野鳥写真

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

コジュリン
コジュリンをちゃんと撮りたくて、また行ってきた。

霞ヶ浦の葦原、予報より天気は良いのだが、強い風が吹いている。葦が大きく風になびいていて、デジスコが全く役に立たない。セッカもコジュリンもあきらめるしかないと思っていた。

ところが広大な葦原に、ポツンと竹の棒が挿してあり、これだけは風に揺らいでいない。これにコジュリンのオスが出てきて、おっかなびっくりバランスをとりながら、囀っている。三脚にリュックをブラ下げて、デジスコの風ブレを抑え込む。あとはシャッターを押せるだけ押す。

CIMG9499_convert_20110624234544.jpg


CIMG9515_convert_20110624234510.jpg


CIMG9511_convert_20110624234527.jpg
この葦原では毎年部分的に葦が刈られている。その区切りの目印に使われた竹の棒らしい。

デジスコで撮影@霞ヶ浦の葦原

Arielに乾杯!!

4:00 am AUL

Japanese Reed Bunting

テーマ : 野鳥の写真    ジャンル : 写真